お土産一番!観光二番!

旅行の一番の目的はお土産を買うこと。家に帰ってからも楽しみたい!

80kg超のアラサー女は糖質制限で痩せない?

f:id:panwotazunete:20210813185355j:plain

私は子供の頃からぽっちゃりで肥満街道まっしぐらの人生でした。一時的に痩せたことはありましたが、そこからゆっくりと体重が増えていき、最高体重は83kgに達してしまいました。高校生の頃から70kg前後をうろうろしていて、体型に対するコンプレックスは常にありましたが、体調に異変は特にありませんでした。しかし、体重が80kgを超えたあたりから体調に異変が現れました。歩くだけですぐに疲れる、年に数回しかなかった頭痛が頻繁に起こるようになる、しまいには健康診断で高血圧だということがわかりました。さすがにヤバいと思って今度こそ最後のダイエットだと思い、糖質制限を行うことにしました。


結論:とりあえず1ヶ月5kgは痩せた

この記事を読んでいる方は痩せるか痩せないかを知りたいと思うので結論を先に書いておきます。まだ糖質制限を始めて1ヶ月しか経ってないので継続してみなければ成功かどうかは言えませんが、現時点では成功していると言えます。


今までの体重遍歴

幼稚園児の頃からぽっちゃり体型でした。小学生の頃までは標準体重よりちょっと上ぐらいだったのですが、中学生になった頃からぽっちゃり→肥満になり、高校時代は70kgを超えていました。ダイエットをしようと決意しては挫折を繰り返し、痩せることはありませんでした。

しかし、こんな私にも転機が訪れました。それは失恋です。告白した結果、振られてしまい、悪いのはこの体型のせいだと思ったので本気でダイエットを始めました。その時は豆乳パイナップルダイエットです。無調整豆乳とパイナップルジュースを1:1で割って食前に飲むというものです。これでお腹が膨れて食事量がかなり減りました。作り置きができなかったので基本的に朝と晩のみで昼はコンビニで調整豆乳を飲んでました。体重はゆっくりと落ちていたので自分では体型の変化に気付くことはなかったのですが、いろんな人に「痩せた?」と言われるぐらい変わっていました。結果4か月で体重が10kg落ちて、さらに彼氏までできました。でも彼氏ができてデートする機会が増えたせいかちょっとリバウンドはしましたが、元に戻ることはありませんでした。

痩せたと言っても肥満→ぽっちゃりに戻ったぐらいで標準体重よりちょっと上の状態でしたが、さらに痩せるきっかけがありました。それは就職したことです。体力を使う仕事をしていたのに加えて休憩時間が思うように取れず、食事が喉を通らないから水分だけで済ませたりしていたら、気付いたら標準体重まで痩せていました。健康的じゃなさそうに感じますが、仕事で動きまくっていたので、不健康さは全くなく、いい感じにやせることができました。でもこの状態がいつまでも続く訳もなく、ここからじわじわ太って現在はMAX83kgになってしまいました。


なぜ糖質制限を選んだか

MAX83kgになるまで何もしなかったわけではありません。1度は痩せたことがある豆乳パイナップルダイエットをもう一度してみたり、スポーツジムに通ってみたりしましたが、どれも無理でした。特に食事制限が中途半端な状態でスポーツジムに通うのは危険だと思いました。なぜなら運動して汗をかいた後はとても気持ちいいのですが、「こんなに汗をかいたら今日は食べてもいいよね!」と思って食べ過ぎてしまうんです。運動すればするほど体重は増えていき、本末転倒な状態でした。

失敗を繰り返し、80kgを超えて体調不良が頻繁に起こるようになって「これではヤバい!」と思って自分1人では無理だ、病院に頼ろうと思い、肥満外来へ初めて行きました。血液検査や心電図などをチェックしてもらい、最後に栄養士にダイエットのアドバイスを貰いました。そこで説明されたのが糖質制限でした。


糖質制限の方法

糖質制限のやり方はいろいろあるので自分にあったものをおこなってください。私のやり方が合うとは限らないので参考程度までに思ってください。

・糖質は1日20gまで
・水を2~3L飲む
たんぱく質を摂る
・朝食を抜いて1日2食にする

食べていいもの
肉、魚、卵、豆腐、納豆、わかめ、無調整豆乳

食べてはいけないもの
米、パン、そば、うどん、パスタ、ラーメン、そうめん、フレーク、ビーフン、春雨、小麦粉、牛乳、調整豆乳、魚肉ソーセージ(小麦)、芋類、とうもろこし、かぼちゃ、根菜類、たまねぎ、フルーツ全般、ビール、日本酒、梅酒、シャンパン、紹興酒、野菜ジュース、市販のドレッシング

ほかに栄養士さんに言われたのは
・たまねぎは糖質が多いので要注意
・野菜は別に食べなくてもいい
・マヨネーズは卵と油だからOK ハーフは✕
・砂糖の代わりにラカントSを使うこと
・最初の2週間は辛くても厳しめの糖質制限をして欲しい。じゃないとケトン体が働かない

これを1ヶ月守ったら5kg痩せることができました。このほかに医者に処方してもらった防風通聖散DHAEPAの薬も服用していました。


糖質制限1週目

糖質制限を始めてすぐ自分に合っていると思いました。なぜなら料理らしい料理を作らなくていいから。肉は焼くだけ、魚も焼くだけ、卵も焼くだけ、サラダは買ってくるだけ、冷凍ブロッコリーはチンするだけ、味は塩こしょうだけという大雑把で完成するんです。これすらしたくない時は刺身を買ったり、豆腐に納豆と卵を入れて混ぜるだけで済ませることもありました。メインはしっかり食べていたので、あまり辛くはなかったです。

でも朝食抜きはできませんでした。朝に何も食べずに仕事をするのは頭がぼーっとしてできませんでした。栄養士さんからは朝に何か食べたかったらわかめスープを飲んでと言われていたので飲んだのですが満たされず、1日20gまでの糖質だったら大丈夫だと思って、ダイエットを始める直前に買ってたグラノーラを食べていました。普通に皿に入れたら食べ過ぎるのはわかっていたので小さめのマグカップに入れて食べていました。

・朝・・・わかめスープ、グラノーラ、牛乳
・昼・・・肉、卵、豆腐、たまに野菜
・晩・・・刺身、卵、納豆

83.2kg→81kg (-2.2kg)

糖質制限を始めた1週目は糖質にくっついていた水分が抜けるらしいので脂肪が燃焼したわけじゃないそうです。腕のむくみが取れていたので水分が抜けている実感はありました。


糖質制限2週目

81kg→80.1kg (-0.9kg)

食事内容は1週目と変わりません。運動も特にしませんでしたが順調に体重は落ちていきました。まずはじめにスッキリしてきたなと感じたのはお腹周りでした。食事量が減ったからかお腹を凹ませるようになりました。特にあばら周りがスッキリしてきました。

それから、これは1週目の時点ですでに実感していたことですが、食後に眠気に襲われるということがなくなりました。今まではお昼にコンビニでラーメンや丼ものを買って食べていたので、午後は眠くて眠くて仕方がなかったです。でも糖質制限を始めてから糖質を摂る量が一気に減ったので、眠くなることも減りました。


2回目の診察で失笑された

防風通聖散がなくなったので、もう一度診察を受けに行きました。尿検査でケトン体が出ているか調べてもらったら反応なしでした。「ケトン体出てないね。なんか心当たりある?」と聞かれたので「朝食抜きはフラフラしたのでグラノーラをちょっとだけ食べてます」と答えたら、「ふっ、それはあかんわ」と言われてしまいました。その後、看護師さんから再度糖質を抜くように言われて、朝食抜きが無理ならサラダチキンを食べるように言われました。失笑されたのはちょっとグサッと刺さりましたが、言われてよかったなと思いました。このぐらいだったら大丈夫だろうという自己判断が間違っていることに気付けたので、肥満外来に通う意味があるなと思いました。


糖質制限3週目

80.1kg→78.5kg (-1.6kg)

順調に落ちているように見えますが、この1週間のうち4日は80.1kgを上回っていました。なぜなら普通に食べましたから。先週末に病院でやり直しを言い渡され、また2週間我慢しなきゃいけないなら食べよう!と思って、病院に行った日の晩は友達と焼肉食べ放題へ行きました。でもその日は昼食を食べそびれていたので、実質1食しか食べていなかったからか、翌日は-0.2kgでした。ここでやめていればよかったのですが、翌日は母と出かけたのでこの日も食べてしまいました。

・朝・・・コンビニのサラダチキンバー
・昼・・・とんかつ、ごはん
・間食・・・豆乳ソフトクリーム
・晩・・・納豆、豆腐

とんかつがめっちゃ美味しかった!2週間ぶりの揚げ物は最高でした!ごはんも2週間ぶりで小盛にはしましたがしっかり食べました。とんかつで十分満足でしたが、今日だけだと決めてデザートも食べました。昼に食べ過ぎたので晩は軽くして、翌日に備えました。

翌日体重を計ってみると、+0.6kgになっていました。予想通りの結果でしたが、ここからが大変でした。この0.6kgを落とすのに4日はかかりました。2週間前と同じ糖質制限をしているのになかなか落ちませんでした。

80.1→79.9→80.5→80.6→80.2→79.4→79.4→78.5

3週目の最後にガクッと体重が落ちました。たぶんこの頃にケトン体が作られ始めたんだと思います。ケトン体が働き出して体のエネルギーが糖質から脂肪に切り替わった時に数日体調不良になるというのを見かけました。実際に体重が落ちる前日は朝から頭痛と吐き気がありました。何も食べなくても吐きそうだし、食べたら食べたら吐きそうだし、という状態でした。でも10時頃には体調は戻っていました。もしかしたらこれがケトン体が働き出した合図だったかもしれません。ケトン体が出ているかもと思ったら知りたくて知りたくて次の診察が待ち遠しくなってしまいました。


糖質制限4週目

78.5kg→77.5kg (-1kg)

この週は非常にゆっくりと推移していきました。3週目の時点で-4.7kgと体重の5%がすでに減少していたからかもしれません。

78.5→78.1→78.0→77.8→77.7→77.7→77.5

f:id:panwotazunete:20210813184752j:plain

ケトン体が出ているだろうとは思っていたのですが、確信がなく、不安だったのでネットでケトン体試験紙を購入して試してみました。すると、ちゃんと出ていました!これで安心できました。でも今日ちょっと糖質が多かったかもと思った時はやっぱり色が薄かったりしました。だから毎日気をつけなければならないですね。


1ヶ月の成果

83.2kg→77.5kg (-5.7kg)

正しく糖質制限すればちゃんと結果は出ました。カロリー制限に比べれば満足度は高いですが、やっぱり辛い瞬間は何度か訪れます。私にもありました。私は特にパンが大好きで、休日はパン屋巡りをして1日パンだけの日もあるぐらいだったんですが、食べられなくてパン屋の前では見ないように心を無にしていました。でも見ないようにする方がかえって考えてしまうのでダメだと思い、気にせず見ることにしました。そしたら食べないけどなんとなく気持ちが安定しました。人によって違うとは思いますが、私には避けるよりもましでした。

でも3週目の時にどうしても我慢できないぐらい甘いものが食べたくなってしまって、スーパーでひたすらプリンを物色していました。プリンなら卵だし小さいものもあるからいいんじゃないかと思って。糖質量をチェックすると1個30gはあり、少なくても15gぐらいはありました。悩んで悩んで最終的に出した答えは「自分で作ればいいじゃん」ってことで早速作りました。

・卵2個
・無調整豆乳200ml
ラカントS 20g(大さじ1+小さじ1)

材料を混ぜてチンして冷やして作るだけでめっちゃ簡単です。ラカントが溶けにくいので少しの無調整豆乳を温めてから溶かした方が舌触りが良くなります。また、ざるで漉すと滑らかなプリンができあがります。レンジで温めるのは器の大きさによって変わるので様子を見ながらした方がいいです。私はだいたい500Wで3分ぐらいです。プリンの表面が固まったらOKと思ってください。

このプリンのポイントはラカントSです。最初は栄養士さんに勧められた砂糖の代用品ぐらいにしか思ってなかったのですが、ちゃんと調べてみるとすごくいい商品でした。砂糖は体に吸収されてエネルギーに変わりますが、このラカントSは体に吸収されるけどエネルギーにはならずに尿と一緒に体外へ排出されるそうです。だから実質0で糖質としてカウントされないとのことでした。これから甘い物が食べたくなった時はラカントSを使って2ヶ月目も乗り切ろうと思います。